クリニック紹介



この度、多くの方々のご支援・ご協力により、知多郡阿久比町に「あぐい小児科クリニック」を開院することとなりました。
幼少のころより地元で育ち、以前は知多半島内で高校教師をしておりましたが転職して医師になりました。
高校教師をしていた頃には、未来ある子供を育てるという仕事にとてもやりがいを感じていましたが、学校教育にも貢献できる医師を目指したいと思うようになり福井大学医学部へ学士編入学しました。

もともと生物学を専攻していたこともあり、人間と他の生物とのかかわりが深い感染症に傾倒してきました。小児科は、外来受診される患者さんの多くを占めるのが発熱・咳・鼻水・下痢・嘔吐などを主訴とする感染症の患者さんです。
さらに、小児科は学校教育とのつながりも深い科でしたので医学部卒業後は小児科医になりました。
小児科医となった後も、未来を担う子供たちを育てていく・少しでも子供にとって良い方向に向かうように手助けしていく、という教師と似たやりがいを感じています。また、開業前に勤務していた半田病院では小児科医としての診療をする傍ら、ICT(Infection Control Team:感染制御チーム)・感染対策委員としてインフルエンザ基準作成や半田病院予防接種プログラム作成、院内外での感染症講演・小児救急講演などを行なっていました。そんななか阿久比町に小児科医師による開業医院がないことに気付き、また医師になる決意をした時から教育現場に密接な医師になるためにも将来は開業をしようと考えていましたので、少しでも地元の子供たちのためになれればと思いこの地元阿久比町での小児科医院開業を決意しました。

あぐい小児科クリニック 院長 竹内剛

院長 竹内 剛(たけうち たけし)
学歴 国立富山大学 理学部生物学科 卒業
国立富山大学大学院 理学研究科生物学専攻 修了
国立大学法人 福井大学医学部医学科 卒業(学士編入学)
職歴 愛知県立 知多高等学校教師
愛知県立 半田東高等学校教師
学校法人愛知学院 愛知中学高等学校教師(高等学校部教諭)
(理科、生徒指導部、柔道部・テニス部・生物部顧問)
半田市立半田病院 小児科医師
(半田常滑看護専門学校講師兼任:【教科】小児疾病治療論)
半田病院内での担当など 外来:小児科一般外来、アレルギー外来、乳児健診外来、予防接種外来
病棟:一般入院病棟・周産期センター(新生児)の入院対応・回診
委員会など:ICT(Infection Control Team:感染対策チーム)、感染対策委員会、救命センター委員会
所属学会 日本小児科学会
日本感染症学会
日本小児感染症学会
日本アレルギー学会
資格・免許 医師免許
小児慢性特定疾病指定医
ICD(infection control doctor:感染制御医師、日本感染症学会)
難病指定医
産業医
中学教員1種免許(理科)・専修免許(理科)
高等学校教員1種免許(理科)・専修免許(理科)
学芸員資格
柔道指導者・審判員
業績一覧
(論文・学会発表など)

論文

M. Uchiyama, T. Takeuchi, K. Matsuda.
Physiological and pharmacologicaleffects of homologous natriuretic peptides in the bullfrog, Ranacatesbeiana.
Advances in Comparative Endocrinology 1997; 2: 1243-1246
Minoru Uchiyama, Takeshi Takeuchi, Kouhei Matsuda.
Effects of homologousnatriuretic peptides in isolated skin of the bullfrog, Rana catesbeiana.
Comparative Biochemistry and Physiology 1998; Part C 120:37-42
竹内 剛、理学修士論文「ナトリウム利尿ペプチドファミリーがウシガエルに与える薬理学的および生理的な効果」
富山大学大学院・理学部生物学専攻 1999年3月
竹内 剛、「海水環境と淡水環境がメダカ(Oryzias latipes)の体重および全長に与える影響」
平成14年、愛知中学・高等学校研究紀要 第28号 p.17-23
竹内 剛、「愛知高校 生物部の研究活動(平成13年度~平成14年度)と学会発表」
平成14年、愛知中学・高等学校研究紀要 第28号 p.25-36

学会発表

竹内 剛、中島佐智恵、篠原 修、田中龍一、森瀬麻衣、尾本 梓
「小児科医師によるいじめ問題へのアプローチ:Approach to the issue of bullying by thepediatrician」
第116回日本小児科学会学術集会、2013年4月21日、広島 広島国際会議場
竹内 剛
「診断に苦慮した3か月児の硬膜下膿瘍の1例」
第42回 日本小児感染症学会総会・学術集会 2010年11月27日~28日、仙台国際センター
竹内 剛・森瀬麻衣・水野政則・篠原 修・中島佐智恵
「診断に苦慮した3か月児の硬膜下膿瘍」
第13回 東海小児感染症研究会(藤田保健衛生大学医学部小児科教室)
2009年10月3日 キャッスルプラザ4階鳳凰の間
竹内 剛 他
「環境要因がメダカの体サイズに与える影響」
日本動物学会 第73回大会 2002年9月24日~27日、石川県 金沢大学
竹内 剛 他
「海水環境と淡水環境がメダカの体重および全長に与える影響」
日本動物学会 第72回大会 2001年10月6日~8日、福岡県 九州産業大学
Takeshi Takeuchi, Kouhei Matsuda, Minoru Uchiyama.
Effects of homologous natriuretic peptides in isolated skin of the bullfrog, Rana catesbeiana.
Proceedings of the 13th International Congress of Comparative Endocrinology.
Nobember 17-21 1997, Yokohama(Japan)
竹内 剛・村山知奈・松田恒平・内山 実
「ウシガエルの循環系におけるナトリウム利尿ペプチドファミリーの効果」
日本動物学会 第68回大会 1997年10月2日~4日、奈良県 奈良女子大学
Takeshi Takeuchi, Kouhei Matsuda, Yoshio Takei, Takushi X. Watanabe and Minoru Uchiyama.
Effects of atrial natriuretic peptides family on sodium transport across isolated skin of the bullfrog.
第21回日本比較内分泌学会大会
1996年8月21日~23日、埼玉県 浦和市文化センター
竹内 剛・内山 実・松田恒平
「心房性ナトリウム利尿ペプチドファミリーがウシガエル皮膚の膜輸送に与える効果」
日本動物学会 第67回大会 1996年9月18日~20日、北海道 札幌かでる2.7